ほっぺたの赤みは生まれつき?遺伝?

ほっぺたの赤み 赤ちゃん

 

子供や赤ちゃんはほっぺたの赤みを自ら消すことはできませんよね。

 

大人でもメイクで気になるところを隠そうとしても、頬の赤みは中々隠せないといった事があります。

 

こうした赤ら顔の原因で、もっとも多いのが乾燥!そもそも何故乾燥してしまうのかといえば、その原因として肌が薄いというものが挙げられるんです。

 

肌が薄い理由にもいくつかの要因がありますのでチェックしてみて下さい。

 

・生まれつき肌が弱い
・親の遺伝によるもの
・成長する過程で薄くなった

 

 

生まれつき皮膚が薄いのは遺伝が関係している

 

ほっぺたの赤み 遺伝

 

両親ともに肌が薄く弱い場合の生れてくる子供の遺伝率は75%、両親どちらかの場合は56%、親族(隔世遺伝)の場合は49%、両親どちらも皮膚は薄くなくても21%の確率で遺伝すると厚生労働省で発表されています。

 

遺伝する要因 遺伝する確率
両親ともに薄い 75%
片親のみ薄い 56%
隔世遺伝 49%
どちらも該当しない 21%

 

肌の薄さというのは生まれつきから持っている人も多いのですが、元々は肌が薄くなかったのに後天的に肌が薄くなってしまったという事もあります。

 

 

ほっぺたの赤みに注意するポイントは?

 

ほっぺたの赤み 洗顔

洗顔

後天的に肌が薄くなる理由として挙げられるのは、洗顔のし過ぎといったもので顔の皮脂が気になってゴシゴシと洗いすぎてしまうと、必要な皮脂まで落としてしまいますので結果的に乾燥してしまうんです。

 

 

ほっぺたの赤み ピーリング

ピーリング剤

他にも、ピーリング剤を日常的に使う人は要注意で、ピーリング剤自体肌にダメージを与えやすいものとなっていまして、それを日常的に使ってしまうと、かなり肌が薄くなります。

 

 

ほっぺたの赤み 紫外線

紫外線

肌が薄くなってしまったら乾燥もそうですが紫外線なども肌に浸透しやすく、そこからほっぺたの赤みに繋がってきてしまう事が多いですので、くれぐれも肌を薄くしないようにするべきです。

 

 

ほっぺたの赤い原因の治し方

 

ほっぺたの赤み 化粧水

 

結局、肌の薄さが原因でほっぺたが赤くなってしまった場合どうすれば良いのかといえば、赤ら顔専用化粧水を使いスキンケアの見直しが必要になってきます。

 

どういったものが赤ら顔専用化粧水になるのかといえば、赤みにアプローチすることができる和漢植物エキスや美白効果があるビタミンC誘導体や保湿効果があるコラーゲンやヒアルロン酸やセラミドなどがたっぷりと配合されている化粧水。

 

そういった成分が入っているものを使う事によって、ほっぺたの赤みや赤ら顔を改善する事が出来ます。

 

ちなみに、あまりにも肌が薄くなりすぎるとそれはビニール肌と呼ばれる現象になってしまい、少しの刺激で肌に相当のダメージが与えられる状態になってしまいますので、そういった人は保湿化粧品なども使っていったり、赤み対策成分に加えて保湿力も強い化粧水を使う事をお勧めします。

 

 

赤ちゃんや子供にも使える【しろ彩化粧水】

 

ほっぺたの赤み しろ彩

 

しろ彩は臨床試験の結果、敏感肌の方に肌荒れや刺激がないか調べた結果…

 

93%の方が高評価!

 

しろ彩 安全性

 

しろ彩の成分は無添加にこだわり、アルコールや着色料など余分な成分は一切使われることなく、赤ちゃんや小さいお子様の頬にも安心して利用できる成分が実証されています。

 

さらに、30日間の返金保証が付いていることで肌に合わなくても返金されることで不安が解消され、定期コースはいつでも解約ができるのでリスクのないところも人気の理由です。

 

 

ほっぺたの赤い原因まとめ

 

肌が薄くなって頬が赤ら顔になってしまったという原因に比べたらあまり多いパターンではありませんが、ニキビやニキビ跡が炎症を起こし、それが頬の赤ら顔に繋がってしまうというパターンがあります。

 

逆に皮脂が過剰分泌しすぎてしまい、赤みから肌がポロポロと剥けてしまうというものもありますので、一概に赤ら顔専用化粧水を使っていけば良いという訳でもありません。

 

ニキビからの赤ら顔に関しては、ニキビの炎症自体を抑えてあげる事で症状が改善する事もありますので、ニキビの炎症を先行して抑えることが重要です。

 

ひき続き、顎の赤みについての対策と予防について紹介していますのでチェックしてみて下さい。